うんすい総研(東京・埼玉)社会福祉法人などNPOの広報戦略と寄付集め、クラウドファンディングを成功させるためのコンサルティング。

うんすい総研とは

  • HOME »
  • うんすい総研とは

●代表あいさつ

ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

社会福祉法人などの非営利組織(NPO)を経営されている理事長様、広報やファンドレイジングのご担当者様にサービスを提供したいと既存組織特化型事務所を経営しております。
高い理想を掲げて、社会に山積する問題解決に情熱を持って取り組んでおられる理事長様、ご担当者様にほんの少しでもお力添えができればと考えております。また、NPOと社会貢献活動をご検討中の企業様を結ぶ事業活動、これからソーシャルビジネスを立ち上げたいとお考えの方を応援する事業活動にも力を注いでまいります。

マハトマ・ガンジーの「明日死ぬかのように生き、永遠に生きるかのように学べ」という言葉が私の座右の銘です。いまこの瞬間を大切に、日々の研鑚に努めながら、そこでいただいたものを社会へ還元していくこと。信頼され、お役に立てますよう、最大限の努力を重ねてまいります。

●屋号に込められた意味

“行雲流水”とは「空を行く雲と流れる水。物事に執着せず、淡々として自然の成り行きに任せて行動することのたとえ」(デジタル大辞泉)という意味です。その行雲流水を実践しながら旅を続ける修行僧を“雲水”といいます。そんな雲水のありようを手本として、常に自分自身をアップデートしながら、社会と人に貢献したい。そんな願いが込められています。

●自己紹介

阿部 浩一(あべ こういち)
社会福祉法人福田会広報/クラウドファンディングアドバイザー/日本ファンドレイジング協会認定 准認定ファンドレイザー/ファイナンシャルプランナー
広報戦略と寄付集めに悩む社会福祉法人などのNPOや社会起業家を、パートナー型コンサルティングで支援するコンサルタント兼アドバイザー。

1976年1月、山口県生まれ。定時制高校卒業後、福祉系専門学校中退。書店勤務10年、NGO団体勤務8年、社会福祉法人職員などを経て、フリーランスファンドレイザーとして独立、現在に至る。これまでに複数のクラウドファンディングプロジェクトを達成に導く。
論文に「クラウドファンディングが社会福祉法人の活動を豊かにする―ヘルスケア分野における資金調達の新たな潮流となるのか クラウドファンディングの可能性を考える」(「ヘルスケア&ファイナンス」2018年2月号/日本医療企画)。
好きなことは読書とインターネットの動画鑑賞。四半世紀にわたって作曲や下北沢を中心にライブ活動を行うミュージシャンとしての顔も持っている。

写真:おおばのりこ(フォトユニット風花

Twitter Facebook

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP